CREAL(クリアル)評判口コミ!不動産投資クラウドファンディング長所・短所を検証!

こちらではCREAL(クリアル)について確認したことを記載しています。

  • CREAL(クリアル)の口コミ評判はどうなのか?
  • 投資利回りは?
  • CREAL業者としての信頼性は大丈夫か?
  • CREALはどんな投資物件があるの?
  • 実際投資して儲かるのか?
  • CREALの会員登録はカンタン?

こういった方が気になる方向けに記載しています。

項目 詳細
オススメ度 4.0
物件数、豊富さ 4.0
利回り 3.5
信頼性 4.0
実績 4.0
運営会社 株式会社ブリッジ・シー・キャピタル
物件数 25件以上
想定利回り 3~5%

CREALのHPを確認する

CREAL(クリアル)とは

CREAL(クリアル)とは、株式会社ブリッジ・シー・キャピタルが「不動産特定共同事業法」に基づき、運営する「新しい時代の不動産投資」を目指した、不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

不動産特定共同事業とは、不動産会社等が複数の投資家からの出資を受け、現物の不動産に関する事業を行い、その運用収益を投資家に分配する事業のことをいいます。
不動産特定共同事業を行うには、許認可を得ることが必要となります。クリアルは不動産特定共同事業第1号及び第2号の許可を得ています。

CREAL(クリアル)悪い評判・口コミ

CREAL(クリアル)のネット上の評判を悪い物も含めて確認してみました。

✅利回りがそんなに高くない
不動産クラウドファンディングが手堅い投資であると評判になっていたのでいろいろ業者を確認していました。

CREAL(クリアル)は少額の1万円から投資をはじめられるから敷居が低いなと感じていました。ただ投資物件を見てみると高くても想定利回りが5%。

銀行金利からすると全然高いのですが、ちょっと期待しすぎていたところがありました。

ただ、CREAL(クリアル)では損失が出ているような投資プロジェクトがいまのところないということなので手堅く投資するには悪くないかもですね。

✅募集開始してすぐ募集が締め切られてしまう。
不動産クラウドファンディングが最近投資家の間で注目されているのか人気がすごく、CREAL(クリアル)の新しい案件が募集開始してもすぐ、募集金額上限まで達してしまい。投資案件に募集出来ないことがある。

CREAL(クリアル)だけに限らないと思うが、募集開始して応募まで待機してクリックし続けるみたいな仕組みでなく株式のIPO投資みたいに抽選にすればよいのではと思ってしまう。

CREAL(クリアル)ももっと投資案件を増やしていってほしい。

✅途中解約ができない
CREAL(クリアル)の場合大型ファンドだと比較的申し込みしやすいですけど、それ以外だとあっという間に申込完了してしまうようです。

銀行金利なんかより圧倒的に有利なので申し込み出来る時に一気に投資するというのは選択としてはありだと思います。ただ、比較的大きな金額をCREAL(クリアル)投資して急な出費に対応できないことがありました。

CREAL(クリアル)案件は投資債権の譲渡はできますが、途中解約して出金はできないようです。当たり前ですが投資は余裕資金でやるべきですね。

CREAL(クリアル)の良い評判口コミ

✅1口1万円からで初心者でも投資しやすい
老後資金不足とかニュースになっていて、自分も何か始めないと思っていました。不動産投資は会社員の資産形成として前から良いかなと思っていたんですが、ローンを組んで大金を動かしてということに抵抗がありました。

不動産クラウドファンディングの中には10万円が投資最小単位というところもありますが、CREAL(クリアル)は1万円からでも投資できるのでまず、敷居が低く始めやすいなと感じました。

申込もカンタンで慣れてきたら徐々にCREAL(クリアル)での投資額を上げていきたいと考えています。

✅CREALは不動産投資実績があり信頼性が高い
ソーシャルレンディングも含め、クラウドファンディングの投資先をいろいろ確認していきましたが、投資先の透明性の高さから不動産クラウドファンディングに興味を持つようになりました。

中でもその業者がこれまで不動産投資をしてきているのか、投資物件の目利きが確かなのかが重要なのでないかと個人的に考えていました。

CREAL(クリアル)の運営会社であるブリッジ・シー・キャピタルは300億の投資実績があるアセットファンドということなので不動産投資に関して一定の信頼性がある業者だと考えています。

✅物件がマンション中心で手堅い
ホームページでCREAL(クリアル)の物件を見るとマンションの投資案件がほとんどでした。投資物件のイメージしやすいですし、初心者にとっては見通しが立ちやすい手堅い投資案件が多いのではないかと感じています。

不動産クラウドファンディング業者の中には海外投資案件ですとか古民家再生など特色ある案件を扱っているところがありますが、いきなりそのような案件よりかはCREAL(クリアル)のような一般的な投資案件が多いところで投資していった方が安心だと思います。

✅物件はCREAL自身も投資、10%の下落まで元本保証
単純な不動産投資ですと、個人に投資させてその手数料だけで儲けているような業者もいると思います。そんなにオススメなら自分でなんで投資しないの笑、みたいな。

CREAL(クリアル)の投資案件は基本、CREAL自身も投資していて、物件価格10%の下落はCREAL自身が損失負担をするので投資家と一緒の目線で投資しているので信頼できると思いました。

CREAL以外の業者によっては20、30%下落まで保証するところもあるようですが、全くないよりましですね。

✅CREALでは大型ファンドの募集が定期的にある
いざ、投資しようと思っても不動産クラウドファンディングの案件は大抵募集が完了していてすぐには出来ないことが多かったです。

私はCREAL(クリアル)以外にもいくつかの業者に登録していますが、募集金額が少ないようなところは一瞬で募集終了してしまって考えることはみんな一緒だなと感じました。

そんな中、CREAL(クリアル)で大型ファンドの募集があった時にうまく投資することが出来て満足しています。

大型ファンドであれば比較的募集しやすいのでCREAL(クリアル)のような業者をおさえていくことは重要です。

✅毎月配当なので投資効率が良い
CREAL(クリアル)の案件は基本、毎月配当となっています。毎月一定額が増えていくのは嬉しいですね。まだ少額ではありますが労働所得だけでなく、収入があるのは安心感があります。

以前、TATERU Fundingにも投資していましたが、その時は三か月に一回でした。

調べてみるとCREAL(クリアル)のように毎月配当の方が再投資できる金額がすぐ手に入るので投資効率が良いようですね。

投資においては配当ペースについても確認しておくと良いと思いました。

CREAL(クリアル)のtwitter上の評判口コミ

クリアルの案件に期待していることや、すぐに募集終了してしまうほどの人気が予想されるといったコメントが目立っていました。

CREAL(クリアル)評判をまとめました

CREAL(クリアル)の評判をカンタンにまとめると

良い評判まとめ
  • CREALは不動産投資実績があり信頼できる
  • CREALは1口1万円から投資でき初心者でも安心
  • 物件はCREAL(クリアル)自身も投資、利益相反にならない
  • 毎月配当物件は投資効率が良い
  • CREAL(クリアル)では大型ファンドの募集があり投資しやすい
  • マンション案件が多く手堅い

悪い評判まとめ
  • 投資利回りがそこまで良くない
  • 投資案件によってはすぐ募集終了してしまう
  • CREAL(クリアル)は事業者損失負担割合が低い

以上のようになっています。

CREAL(クリアル)は不動産クラウドファンディングの中では案件数も多く、比較的早く参入している業者なので良い口コミだけでなく、悪い口コミもあります。中にはCREAL案件に申し込みできなかった恨み節のようなものもありましたが笑

CREAL(クリアル)の不動産クラウドファンディング業者としてのネット上の評判は全体的に見ても悪くないと感じました。

特に、

  • 投資利回りの安定性
  • 投資案件のイメージのしやすさ
  • 業者信頼性

このあたりを重視している方であればCREALで会員登録しておいて間違いないと感じています。

CREALのHPを確認する

運営会社は株式会社ブリッジ・シー・キャピタル

(株)ブリッジ・シー・キャピタルは2011年に設立され、不動産事業(ファンド運営事業、不動産販売事業、不動産管理事業)を展開しています。(株)ブリッジ・シー・キャピタルは不動産ファンド運営事業の受託資産残高は約300億円(2018年10月末時点)、機関投資家や個人投資家の資産を運用しております。

CREAL(クリアル)の運用実績

CREALは、2018年11月にサービスを開始し、24ファンドを満額組成し、うち8ファンドはすでに売却済みです。今まで投資家への利回りはすべて予定通りに配当され、売却時の元本は劣後出資分も含めて毀損はなしです。24ファンドの調達完了をもって、累計調達額30億円を突破してます。

CREAL(クリアル)のファンド案件を確認してみました

CREAL(クリアル)は具体的にどんな投資案件があったのか、紹介します。

SOLA沖縄学園

想定利回り 5.0%
運用期間 18か月
募集金額 83,800万円
募集期間 2019年11月25日~2019年12月24日
※終了しています。

不動産クラウドファンディングではめずらしい学校法人案件のファンドです。マンションが多かったCREAL(クリアル)の中でも特色あるファンドとなっています。

ファンドからの収益の一部がCREAL(クリアル)を通して首里城復旧のための費用として使用されるものとなっています。

ラ・ペルラ池袋

想定利回り 4.5%
運用期間 18か月
募集金額 29,600万円
募集期間 2019年8月9日~2019年8月28日
※終了しています。

CREAL(クリアル)池袋駅再開発に関連する徒歩圏の1棟マンションを運用するという比較的大規模な投資案件です。

ちくらつなぐホテル

想定利回り 1年目:4.0%
2年目:6.0%
運用期間 24か月
募集金額 23,760万円
募集期間 2019年7月5日~2019年7月11日
※終了しています。

CREAL(クリアル)体験型のコンセプトホテルのファンド案件です。こちらも大型投資案件です。

比較的直近のCREAL(クリアル)案件を確認してみました、すべて億単位の大型投資案件です。このようにCREAL(クリアル)は定期的に大型案件の募集があるので口座申込したものの投資が出来ないということは避けやすくなっています。

CREAL(クリアル)の特徴

特徴は以下のとおりです。

  • 1口1万円から投資可能
  • 大型案件募集が定期的にある
  • 投資分配金は原則毎月
  • 劣後出資比率20%

CREAL(クリアル)は1口1万円から

不動産クラウドファンディングによっては1口10万円からというところもあります。

投資初心者にとっては10万円単位でも不安になるもの。1万円から不動産投資ができて、試してみることができるのは初心者にとってはCREALの最低投資額は非常にありがたいです。

もちろん問題なさそうと確認できてから資金を追加してCREAL(クリアル)の案件に投資していくことができます。

CREAL(クリアル)では定期的に大型案件の募集がある

ソーシャルレンディング、不動産クラウドファンディングは今人気が上昇中なのでどの業者でも案件募集がはじまるとすぐに募集終了となってしまいます。

その原因となっているのが募集金額に対して投資したい投資家があふれてしまっているということ。

CREALのように比較的募集金額が大きい大型案件があれば、多くの投資家の投資需要を吸収できます。

CREAL(クリアル)ではそのような大型案件が定期的にあるので投資出来ないという状況は避けやすくなっています。

CREAL(クリアル)の分配金は毎月

ファンド案件のプロジェクトが進行していくと分配金が支払われていきます。

3か月に1度、であったり6か月に1度の場合もあります。

どちらが良いかというとCREAL(クリアル)のような毎月配当です。毎月分配金が支払われていればその金額をすぐ再投資できます。

そうするとより収益を高めて投資効率をあげていくことができます。

CREAL(クリアル)劣後出資比率10%

CREAL(クリアル)案件は事業者側が劣後出資比率10%となります。

劣後出資、優先出資について簡単に説明します。

クリアルの案件に投資した場合、投資者は優先出資となり、事業者であるクリアルは劣後出資となります。

クリアルでは事業者、投資家ともにプロジェクトに投資する立場になるわけですが、利益、損失が出た時の立場が変わってきます。

投資家である優先出資者の立場

利益が出た場合、優先的に利益を得られ、損失が発生した場合まず劣後者が損失を負担し負担しきれなかった場合、優先出資者である投資家が負担します。

つまり優先出資者である投資家は有利な立場で投資ができます。

事業者である劣後出資者の立場

利益が出た場合、投資家側にまず利益を分配し残りが劣後出資者のものとなる。損失が発生した場合には劣後出資者である事業者がまず損失を負担。

つまり劣後出資者である事業者は一定の範囲で投資家を優先、保護するような立場となります。

ただしこのような優先、劣後の立場は一定限度までと制限されることがほとんどです。

そして、クリアルの案件は基本的に優先出資90%、劣後出資10%となっています。

具体的には物件価格が下落した場合、10%下落まで劣後出資者であるクリアルが損失を負担し、投資家は損失負担は発生しません。

簡単2分!CREAL(クリアル)に実際に会員登録したレビュー

CREAL(クリアル)会員登録はWEBだけで簡単に完了するということなので

早速CREALに会員登録してみました。

  • CREAL(クリアル)公式ページから会員登録
  • 登録はWEBで完了
  • 24時間365日受付

公式HPからCREAL(クリアル)会員登録

右上、会員登録ボタンをクリック

メールアドレス(ヤフーなどフリーメール可)

パスワード設定 任意の8文字を設定します。

「メールアドレスを認証する」をクリックして完了です。

CREAL(クリアル)会員登録は本当に簡単ですね。

CREAL(クリアル)で投資するには投資家登録まで こちらも簡単!

会員登録すると投資家登録画面に移行しますので続けて登録してしまうことをオススメします。実際にCREAL(クリアル)のファンドに投資するには投資家登録が必須となります。

氏名、住所などの情報を入力

本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)の登録が必要です。

私は免許証をスマホで撮影し、アップロードしました。

最後に職業、年収などを入力し、同意事項3つにチェックをいれて「同意して申請」をクリック

以上でCREAL(クリアル)投資家登録の入力終了です。あとはCREAL(クリアル)からくる登録完了のはがきの到着を待ち、到着してから1日以内で自動で登録が完了します。※はがきに記載されている本人確認キーを入力してすぐに登録完了させることもできます。

以上のプロセスを踏まえれば、CREAL(クリアル)で投資できる環境は整いましたので、あとはCREAL(クリアル)の口座に入金し、ファンドを選んで申込をすればOK。

CREAL(クリアル)はこんな方におすすめ!

  • 不動産クラウドファンディングが初めて
    CREAL(クリアル)は会員登録も簡単でweb画面も分かりやすいので不動産クラウドファンディングがどんなものか把握するにはピッタリです。
  • 投資経験がまだ少ない、1口10万円のところはまだ不安
    CREAL(クリアル)は1口1万円からなのでいきなり大きな金額を投資しなくて大丈夫。慣れてから投資資金を追加していけばOKです。
  • 業者は信頼できるところが良い
    CREAL(クリアル)を運営している株式会社ブリッジ・シー・キャピタルは運用高300億のアセットファンドのため実績があり信頼できます。
  • 実際に投資できる案件が出てくるところが良い
    CREAL(クリアル)は大型案件の募集が定期的にあるので投資できないというのが少ないです。

CREAL(クリアル)は大型案件も取り扱っているので、まだ慣れていない初心者の方でも申込できる可能性が高いです。案件もマンション中心で手堅いので他社で特色あるファンドに多く申込しているような方もリスクヘッジとしてCREALを押さえておくのも良いと考えます。

CREALのHPを確認する